白露庵清々

アヒルもおるでよ

写真が300枚以上あるので、どれをどうしようかと頭がまとまっておりません。

牛もいたが、あちこちでアヒルの人形もみかけました。
これって、オランダがオリジナルなんだろうか?
IMG_1023_convert_20170523073359.jpg
マリリンやカウボーイもいますね。

お約束のベイダ―卿。
IMG_1024_convert_20170523073500.jpg
白人の熟年夫婦にもウケてました。

そういえば、王宮前のダム広場にもいたぞベイダ―卿。
ただ立っていただけなのか?
IMG_0935_convert_20170523073322.jpg
方から胸にかけて白いのが、なんともパチもん風です。

街並みもそうですが、おされな店も多いアムステルダムです。

牛だらけ

晩飯後、ホテルに向かいブラブラ歩いていると、こんなお店が。
IMG_0967_convert_20170518061731.jpg
牛だらけです。

とにかく派手なデザインで、一目ぼれしました。
IMG_0968_convert_20170518061755.jpg
大きさは、大・中・小の3種類。

この日は、閉店後でしたので、後日改めてくることに。
IMG_0969_convert_20170518061818.jpg
なんでこんなに牛だらけかと思ったら、オランダは世界一のチーズ生産国だそうです。

電車の窓からも、頻繁にこういう風景が見られました。
IMG_1127_convert_20170518061932.jpg
時々、羊もいたけど。

結果、私が後日購入したのがこれです。
なかなか嫁と意見が合わず、結構迷いました。
IMG_1260_convert_20170518061949.jpg
モンドリアン風です。
中サイズで50ユーロ。

ちなみに私、丑年です。

パリの仇をアムステルダムで

アムステルダム最後の夜は、こういう店で食事をとりました。
ホテルの近くです。
IMG_1219_convert_20170513061959.jpg
いわゆる「バール」のような感じでしょうか?

窓からの景色です。
市内を網目に走る運河沿いは、駐車場になっています。
IMG_1215_convert_20170513061854.jpg
日本車はおもったより少なかったですね。
韓国車の方がよくみかけました。
あと、テスラも。

一昨年のパリでは、体調をくずしていまい、一滴のワインも飲めないという体たらく。
今回は、飛行機の中でのアルコールも控えて万全の体制。
IMG_1218_convert_20170513061939.jpg
おかげさまで、旅行中はなんの問題もなく、毎晩ビールとワインを楽しみました。
どこのお店も、ハウスワインが美味しくて感激。
と、どこのお店の店員さんも優しくて親切なんです。
すっかり、初日からオランダの虜になりました。

フォードの持ち主が来たらと思ったら、中からワン公が。
この後散歩に。
IMG_1216_convert_20170513061920.jpg
ウチの白いのを思い出して、ちょいとツンとしました。

全然話は違いますが、クリントの次回作が決定したそうな。
「The 15:17 To Paris」という題名で、2年前、アムステルダムからパリ行きの
列車内でテロを防いだ軍人が主人公の物語らしい。
主演は、クリス・プラット、クリス・ヘムズワース、ライアン・ゴズリングあたりでどうでしょう。

ということで、無理やりパリとアムステルダムをかけてみました。




オマケ
IMG_0864_convert_20170513065620.jpg
ウチの白いの。

機内で

成田からアムステルダムまで約11時間。
でも今回は、前回ほど足もむくまず割と快適でした。
初めてのKLMオランダ航空は、エールフランスよりいいかも?という印象です。
単なる機種の問題か(今回はB-777)。
前回はなんだったんだろう?
IMG_0932_convert_20170511053642.jpg
いつも思うが、羽が折れたらどないしょう?と。
まあ、どうしようもないですね。

オランダは、デルフト焼が有名。
コーヒーカップもその柄ですが、機内説明もデルフト焼タイルの絵でコマ送り
になっており、なかなか粋な感じで好感を持てました。
IMG_1252_convert_20170511053703.jpg
私、機内食が苦手です。
味がどうこうというより、自分が家畜になったような気がして・・・。
でも、食べますが。
TVモニターもさらに見やすくなっています。
今回観た映画は
「スターウオーズ・ローグワン」
「エイト・デイズ・ア・ウイーク」
「メッセージ」
「ジャック・リーチャー」
「ゴースト・バスターズ」
「LALAランド」
の計6本。
日本語字幕のも用意してほしい。

今回の旅で驚いたのが、飛行機、電車、バスのどれもが時間に正確だったこと。
飛行機なんか、行きかえりとも時間通りに動き出したのには驚きました。
さすが、家康が交易を認めた国だと感じいった次第です。

ということで、ぼちぼち思い出しながら更新していこうと思います。

月曜から仕事に復帰しましたが、普段の日常に戻ると、
今回の旅行も遠い昔のように感じます。


帰国しました

無事帰ってまいりました。「恥ずかしながら」ではありません。
そもそも私がオランダに行きたいと思ったのが、20代後半に
出会ったこの本のおがげです。
IMG_1258_convert_20170507182628.jpg
昨年、久々に読み返し、今日も飛ばし読みしました(余韻を楽しむため)。
さすが、司馬節。

結論から言うと、とってもいい国でした。
生きてる間に、もう一度行けたらと思います(追って報告いたします)。
IMG_1255_convert_20170507182714.jpg
で、昨日の午前9時頃無事帰国しました。
帰国してまず行ったのが、京成で直通「上野」です。

目的は、この方に会うため。
こういう顔、大好きです。
IMG_1254_convert_20170507182736.jpg
しかしながら、ほとんど寝れないフライトだったので、こっちの頭がフラフライト。
あんまり感動できませんでした。申し訳ない。

しかし、転んでも起きないのが私。
同時開催のこっちに惹かれてしまいました。
IMG_1259_convert_20170507182608.jpg
日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念「スケーエン:デンマークの芸術家村展」です。
オランダ帰りで新鮮だったのでしょう、図録まで買ってしまいました。
オランダでも買わなかったのに。
次回はデンマーク?

フラフラしながらなんとか上野駅へ。
東北新幹線と北陸新幹線がすれ違います。
IMG_1256_convert_20170507182645.jpg
車内で爆睡するんじゃないかと心配しましたが、まだ緊張感があるせいか大丈夫でした。

昨夜から今朝にかけて爆睡(3度寝)できました。
若者みたいでうれしい。

上野で、まず行ったところは「立ち食いそば屋」でした。

Top|Next »

HOME

無楽齋。

Author:無楽齋。
白露庵の主、無楽斎と申します。
この度引っ越しを機にブログをリニューアルしました。
皆様との出会いを楽しみにしております。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

この人とブロともになる

QRコード