白露庵清々

Articles

アリ

今年初めての美術館は、3日に「熊谷守一 生きるよろこび」を鑑賞してきました。
東京国立近代美術館は初めてです。

守一によりますと、アリは左の2番目の足から動きだすとのこと。
IMG_1287_convert_20180121082234.jpg
守一の自伝映画に主演の山崎努氏は、「わかりませんでした」と先日TVで言っておられました。
春になれば、私も観察してみようと思います(あてにはならない)。

最近の写真がないので、古い写真でお茶を濁しております。

突然の別れ

2週間前、父親が心筋梗塞で急逝しました。
突然だったので、心の準備もなくただ驚きと思った以上の悲しみでした。
葬儀の後、数日してから想像以上の喪失感で少々鬱気味でした。
が、昨日あたりから急速に普段通りになったきたと思います。
結構せっかちな性格であったので、逝き方も彼らしいなと。
ボケもせず、要介護にならなかったのも、頑固な親父らしいと思います。
誰にも看取られることもなく、一人で逝ったのも少しうらやましい。
客観的に見れば、ひ孫の顔を4人も見せてもらって幸せな一生であったと思います。
IMG_1091_convert_20170923091957.jpg
適当な写真がなかったので、キューへンホフ公園のチューリップを持ってきました。
今頃ですが・・・。

カメラ電池の充電器が見当たらず困っております。


犬と桜

先日、桜を愛でに愛犬と出かけました。
IMG_0885_convert_20170424055029.jpg
富山の桜の名所のひとつ、松川べりへ。

この季節、遊覧船が出ます。
滝廉太郎Ⅱ世号。
IMG_0883_convert_20170424055002.jpg
一度乗ってみたい。

無理やり、オブジェの真中へ。
いい迷惑だろう。
IMG_0896_convert_20170424054931.jpg
でも、カワイイぞ。

まあ平和でなにより。

色がつきました

昨日「石崎光瑶展」が開催中の富山県水墨美術館に行きました。
狙ったわけではありませんが、前ネタと同じとこから撮れました。
グッドタイミング。
譯懊&縺柔convert_20170408083254
枝垂れ桜はほぼ満開で、奥の並木は5分咲ほどでしょうか。
いい季節で、いい景色ですね。

富山は今日明日、チンドンコンクールです。

水墨画みたい

先月行った富山県水墨美術館で、スマホで撮った一枚です。
中庭の中央に一本だけ枝垂桜。
花もキレイですが、こういう姿もなかなかです。
豌エ蠅ィ鄒手。馴、ィ_convert_20170401080516
向こうに見えるのは、神通川土手沿いの桜並木。
まもなく見頃ですね。

たまにはこういう写真もよろしおま。

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/