白露庵清々

ホテル

昨日、富山市で37℃を記録しました。

暑いので、涼しかったオランダを思い出しましょう。
真ん中の建物が今回止まったホテルです。
IMG_0936_convert_20170722062624.jpg
アムステルダムの中心部、ダム広場のすぐそばです。
前を走るトラム、今回は結構な頻度で利用しました。

夜景です。
治安がいいので、夜歩いていてもまったく不安感はありません。
IMG_0979_convert_20170722062642.jpg
なかなか暗くならないので、これで夜の9時半くらいでしょうか。

部屋です。
入口と奥で、約90センチほどの段差がありちょいと乙な感じでやんした。
IMG_0980_convert_20170722062704.jpg
窓がひとつだけです。

窓から見える光景はこれだけ。
ちょいとフェルメールの絵っぽくない?
IMG_1021_convert_20170722062801.jpg
ダム広場に面してる王宮の屋根の一部が見えるだけです。
落ち着いた雰囲気で、なかなかいいホテルでしたよ。
朝食も、種類・味すべてがグッドでした。

ああ、もう一回行きたいなぁ。

楽しい美術館

昨日、嫁とふたりで長岡に行ってきました。
新潟近代美術館にて開催中の「加山又造展」を鑑賞のため。
駒形十吉記念美術館でも同展を開催中で、併せて鑑賞できました。
IMG_1355_convert_20170720054757.jpg
この方の裸婦が好きでねぇ、と思っていたらドンピシャの作品が売られており、
弾みで買ってしまいました。ちょいと値切って。
とってもハッピーです♪
へぎそばとたれかつ丼のセット、とても美味でした。

2週間前、江戸へ行ってきました。
この両展を観るため。
なんといっても、ダ・ヴィンチとミケランジェロですからねぇ。
IMG_1305_convert_20170720054737.jpg
ジャコメッティ展では富山県美術館の作品もあり、ちょいと誇らしいような。
この後、神保町の古本屋街を冷やかしてきました。
小諸そばで、もりそばとカツ丼のセットも食べることができて幸せ。

越後屋からもらいました。
そちもワルよのう・・・。
富山県水墨美術館にて開催中の「徳川美術館展」にて、無料で配られておりました。
入浴剤です。まだ使用しておりません。
IMG_1356_convert_20170720054811.jpg
これがワゴンに山積みされてる様はなかなかの光景でした。
三つ葉葵の帯封だから、徳川の埋蔵金か。
確か、この日はソバは食べておりません。

いちおう、オランダシリーズはまだ続く予定です。

なぜだろう?

実は私、最近仕事(営業成績)が順調なんです。
しかし、なぜそうなのか自分でもわかりません。
「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」というところでしょうか?
まあ、モチベーションなど考えず、淡々と仕事をこなしませう。

我が家の狭い狭い庭の一角に、嫁はんが植えっぱなしの月桂樹があります。
その辺に近寄る度に鳥が飛び立つ音がしたので「ひょっとしたら」と思い
上を探してみました。
IMG_1281_convert_20170706051733.jpg
やっぱりありました、鳥の巣が。
尻尾が少し長く、ヒヨドリかと思いましたが、あんなに色が濃くない
薄いグレーだったと思います。
教えてくださいjubeさん。

こちらも梅雨らしい天気が続いております。
大雨で被害の地域の皆様にお見舞い申し上げます。
IMG_1292_convert_20170706051717.jpg
外を眺めて何思う迷犬小太郎号。

それにしてもこの季節、家の中が白い毛だらけです。
私のではありません。

船上から

ひきつづき遊覧船から。
IMG_0951_convert_20170627053738.jpg
東インド会社時代のレプリカです。

これは確か、船の科学博物館だったと思います。
角度によっては、サンダーバード2号に似てました。
IMG_0956_convert_20170627053804.jpg
設計はレンゾ・ピアノ。

なんとか寺院。
IMG_0957_convert_20170627053821.jpg
こういう歴史ある建造物もあるかと思えば、

こういう建物もあります。
IMG_0958_convert_20170627053839.jpg
なんの建物でしょう?

街中の運河には、こういう船がたくさん浮かんでおります。
普通に人が居住されてます。
一度住んでみたい。
IMG_0959_convert_20170627053855.jpg
ここの居住権は、結構なお値段だそうです(具体的にはわかりません)。

この運河沿いの建物にも、住んでみたいものです。

アンネは大人気

夕方ホテルに到着、近くにアンネ・フランクの家があるというので行ってみる。
IMG_0962_convert_20170624063236.jpg
18時半くらいなのにこの行列。

裏へ廻ってもこの長さ。
約、3時間待ちらしい。
IMG_0939_convert_20170624063211.jpg
15時半まで予約優先で、その後はフリーですがこの行列。
ここは、ミュージアム・パスポートを持っていても優先はなし。

さすがにアンネの家はあきらめて、すぐ横から出てる運河めぐりの遊覧船へ。
IMG_0946_convert_20170624063306.jpg
船内はこんな感じ。約1時間。

ちゃんと日本語のガイドもありました。
IMG_0945_convert_20170624063357.jpg
が、日本を出て20時間近く寝てないので、内容はほとんど覚えておりません。

近くに、こんな公衆トイレがありました。
観光客らしい2人のおじさんが使ってました。
IMG_0940_convert_20170624063551.jpg
こんなんでいいのか。

実は私、「アンネの日記」は読んだことがありません。

続きを読む »

Top|Next »

HOME

無楽齋。

Author:無楽齋。
白露庵の主、無楽斎と申します。
この度引っ越しを機にブログをリニューアルしました。
皆様との出会いを楽しみにしております。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

この人とブロともになる

QRコード